融資を受けるときは返済シミュレーションもしておこう

事業ローン

事業ローンに興味があり、事業ローンについて詳しく学びたいと思っている人や、何からすればいいのか困っている方にオススメの知識を配信します。
写真

中小企業の融資について

事業ローン

どのような点に気をつけて、中小企業は融資を受けるものでしょうか。
規模の小さい、あるいは中くらいの会社が中小企業です。
中小企業基本法の中で、中小企業の定義は定められています。
とはいえ、何をもって中小企業というかはケースバイケースであり、法律で定められているものが全てに適用されるとは限りません。
日本の企業はおよそ90%が中小企業であり、国内の会社のほとんどともいえます。
中小企業と大企業の違いは、単に会社規模だけではありません。
その一つが、融資の手段です。
中小企業の資金調達方法は、大企業とは違うところがあります。
大企業は株式や社債などの発行で、市場から調節資金を調達することができます。
一方、中小企業は、株式や社債を発行して資金を調達するという方法は不可能です。
そのため、中小企業は市場からの資金調達ではなく、銀行などの金融機関が融資を受ける借入金という形で資金を得るところがほとんどです。
銀行から融資が受けられれば、中小企業としてはつつがなく事業を継続できます。
最近では、銀行が融資を行わないために、資金調達に苦戦している中小企業もあります。
特に最近は、長引く不景気の影響で、融資をしても、貸し倒れてしまう危険性が高い為、貸し渋り傾向にあるともいえます。
中小企業にとって、経営に必要な融資を受ける事ができるかどうか、死活問題ともいえます。

中小企業が融資を受けるとき

事業ローン

どうして、中小企業の融資が、簡単には受けられないのでしょうか。
銀行からの融資を受けるためには、中小企業は審査に必要な資料や、それらを証明できる書類をまとめて提出しなければなりません。
銀行から見れば、大きな会社でも、中小企業でも、審査にかかるコストは似たり寄ったりです。
銀行からすれば、大企業に融資をするほうが融資する金額も大きなものになります。
銀行からすれば、中小企業の融資審査より、大企業の融資審査のほうが利益になります。
また、大企業は社債や株式の発行などを行っている為、企業情報の開示状況が整っています。
つまり、金融機関が審査を行う際の、判断がしやすくなっていると言うことです。
一方、中小企業はあまり情報開示が、進んでいません。
財務内容がはっきりしていないような中小企業もあります。
融資の審査を行おうにも、情報が揃っていなければ、高リスクと思われがちです。
そして、中小企業は、融資を受ける時に大企業ほどの担保を用意することができません。
財務体質がはっきりしておらず、情報開示が不明確な相手に融資をする場合、銀行は担保を必要としてきます。
担保に使えるような不動産を保有していないような中小企業も、珍しくはありません。
また、地価が下落している現状では、有力な担保を融資できないことが現状です。
中小企業が融資を受けるには、数々の難関をくぐり抜ける必要があるといえるでしょう。

銀行のビジネスローンを利用する時

もしも、事業資金として数千万円を必要としている場合は、銀行から無担保のビジネスローンを使うといいでしょう。
ビジネスローンの申込みをする時には、幾つか事前にチェックしておくべきポイントがあります。
知らずにビジネスローンの申し込みをすると、期待通りの融資が受けられないこともあります。
ローンの金利がいくらくらいになってるのかは、最も大切なポイントです。
希望の借入金額と、金利に基づく利息をつけた時に返済総額がどのくらいになるかは、把握する必要があります、もしも、希望額通りのお金を借りられたとしても、利息をつけて返済ができなければ、意味がありません。
いくらまでの借り入れができるようになっていたかも大事です。
融資限度額は、確実に自分が必要としている金額に達していなければなりません。
保証人がいるかどうかも、大事なところです。
ビジネスローンを借りる時は、保証人か必要かを確認することです。
個人ではなく法人の場合は、代表者が連帯保証人になる必要がある場合もあります。
フリーローンや、不動産担保ローンをビジネスローンとして使うこともありますので、担保については知っておきたいところです。
仮にビジネスローンを使いたいということになったら、銀行に足を運んで、どういった借り方をすればいいかを聞くことが大事です。

ビジネスローンを比較するポイントについて

いくつかの金融機関がビジネスローンを扱っていますので、まずは各社の貸付条件をきちんと比較することが大事です。
ビジネスローンを比較するときは、第一に金利にこだわりましょう。
金利が低すぎるから不都合が生じるということはほぼありません。
大口の借り入れほど、金利も低くなりがちです。
各社の比較をした時は、金利の差がほんのちょっとに見えた人もいるかもしれませんが、意外と重要なところです。
仮に、借りていた金額がわずかなものなら、利息がついてもたかがしれていますが、まとまった金額を借りていると大変です。
どの金融機関からビジネスローンを借りるか決める時には、各金融会社の金利や限度額を見比べます。
もしも、事業資金を目的としてビジネスローンを利用する場合は借入金額が大きくなりますので、金利の違いは大事です。
緊急時における利便性もよく考えて借りる必要があり、一番よいのはカードで借りられるタイプのビジネスローンです。
カードローンタイプのビジネスローンは、コンビニや、銀行などのATMから、いつでも借り入れが可能になるでしょう。
コンビニATMで借り入れや、返済が可能なビジネスローンも増えており、手続きが手軽にできるようになっています。
まるで、カードローン融資を受けているようにビジネスローンが使えますので、必要な時に融資が受けられます。
前倒しで多めに返済したり、臨時収入をまるまる返済に回すなどのことができることも、ビジネスローンのよいところです。

ビジネスローンとは

中小規模の事業者や、自営業を営んでいる人への融資に、ノンバンク系の金融会社によるビジネスローンがあります。
短期の借入であることや、融資額が少ないことがビジネスローンの特性です。
ビジネスローンの強みは、担保や保証人がいらず、審査にも時間を要さない点です。
ビジネスローンは大まかな傾向があるだけで、定義があるものではないため、中には融資額の大きいものや、担保や保証人がなければいけないというビジネスローンもあります。
ビジネスローンは、とにかく今すぐお金が必要だという場合や、数日間だけお金を必要としているという時に役立ちます。
ビジネスローンは、今がお金を払うタイミングであるという場合や、つなぎにお金がいる時などに効果的です。
重要な機会を、手持ちの資産がないために見逃してしまったということがないよう、ビジネスローンを活用しましょう。
資金がないために、せっかくのアイデアや起業の構想が宙に浮いてしまうということも起こりえるでしょう。
ビジネスローンがあれば、元手が少なくとも事業を立ち上げられます。
一般的に、ビジネスローンは高金利で融資を受けるという傾向があります。
返済のめどがある程度立っている時に、ビジネスローンを利用するようにするといいでしょう。
ビジネスローンを利用する時は、返済不能状態に陥ってしまうことがないように十分に注意をしましょう。

ビジネスローンの種類

大きく分けて、ノンバンクと、銀行系の2つのカテゴリが、ビジネスローンが借りられる金融会社にはあります。
銀行系の金融会社は、ビジネスローンを13%から18%という有利な金利で借り入れることができます。
ビジネスローンを銀行系から借りようとすると、申込み時の書類作成や、手順そのものが大変になってしまいがちです。
ビジネスローンを銀行系金融会社から借りると、融資を受けるまでの手続きは大変ですが、貸付条件はいいものになります。
一方、ノンバンク系の金利は24%〜29%と比較的高めに設定されており、銀行系と比較すると小口の融資になります。
代わりに、店舗窓口まで行かずとも融資の申し込みができたり、審査が短時間で終わったりもします。
ノンバンク系は、急ぎで資金を調達したい時にいいものといえます。
大まかに分けると、ビジネスローンには無担保融資と担保融資があり、この他に売掛債権担保融資、商業手形割引が存在します。
担保がない状態で融資を受けることができるかどうかで、ビジネスローンの条件はかなり差が出ます。
売掛金を、前だおしで資金に組み込みたい時に使うビジネスローンが売掛債権担保融資で、売掛金債権を担保にするものです。
商業手形割引は決済時に受け取った受取手形を金融機関に裏書譲渡し手形を換金するというビジネスローンです。
ビジネスローンの中でも、担保の代わりに手形を使ったものとなります。

サイトメニュー

Copyright (c) 2018 融資を受けるときは返済シミュレーションもしておこう All rights reserved.
▲ページの先頭へ