融資を受けるときは返済シミュレーションもしておこう

事業ローン

今更聞けない事業ローンの知識を配信しているサイトです。当HPを活用して事業ローンに詳しくなってみませんか。
写真

企業が利用するシンジケートローンの仕組みと特徴

事業ローン

シンジケートローンとはどういったもので、どんな内容なのでしょうか。
まとまった融資をするために、数社の金融会社がシンジケート団を結成します。
金融機関をまとめる人をアレンジャーといい、このアレンジャーの能力がローンの成否を分けます。
融資を必要としている会社が、アレンジャーに求めてシンジケートローンの御膳立てをしてもらいます。
金融会社にシンジケート団への募集を行い、それぞれの契約をとりまとめるのがアレンジャーです。
金融機関が集まったらシンジケート団を組成して、契約締結手続きなどの取りまとめをします。
契約がまとまれば、アレンジャーになっていた金融機関がエージェントになります。
このエージェントが借り入れ側の窓口になります。
以後、シンジケートローンに伴う事務的なやり取りや、連絡調整が必要な場面になると、エージェントが各金融会社と借入人との間に立つことになります。
一般的な銀行からの融資と比べると、シンジケートローンはアレンジャーやエージェントの存在、資金調達方法などに独特なものがあります。
幾つかの金融機関を相手にしているために、債券よりも自由度の高い取引ができます。
取引条件を1つにして、融資契約書に集約できるというのもいいところです。
アレンジャーを通して必要な書類の提出や手続きをすることになるので、事務の内容が煩雑になりません。
シンジケートローンには独自の仕組みと特徴があるので、うまく活用すると良いでしょう。

シンジケートローンのデメリット

事業ローン

シンジケートローンを使うことは様々な利点がありますが、シンジケートローンの欠点はあるでしょうか。
もしもシンジケートローンを利用するならば、借り入れが発生するごとに契約書が必要になります。
契約書の作成は手間や時間がかかりますので、かかりきりになってしまうかもしれません。
何かにつけて手数料が発生し、そのための費用を払わざるをえないことも気をつけたい点です。
何度も手数料を支払うことになれば、今までの金額のトータルは相当なものになります。
シンジケートローンの最大のデメリットは問答無用で融資をストップされてしまうことがあるということです。
金融機関同士のやり取りで、シンジケートローンをやめることが決まってしまうと、以後の融資は行われなくなってしまいます。
融資のお陰で保っていた企業が維持できなくなることもあります。
シンジケートローン自体が大口の融資になるので、大手の企業の中でも特に信頼性の高いところにしか融資は行われないものです。
シンジケートローンを、小さな会社が利用するという事態はないといってもいいでしょう。
シンジケートローンの話が出ても、契約がまとまって融資が行われるまではかなりの時間かかかるものです。
急ぎで資金調達をしたいと思っている企業にとっては、シンジケートローンは使いづらいでしょう。
シンジケートローンにはメリットもデメリットもあるので、よく検討して決めることが重要です。

サイトメニュー

Copyright (c) 2018 融資を受けるときは返済シミュレーションもしておこう All rights reserved.
▲ページの先頭へ