融資を受けるときは返済シミュレーションもしておこう

事業ローン

事業ローンに興味があり、事業ローンのことをもっと学びたいと考えている人や、何を知ればいいのか困っている人にイチオシの情報を配信します。
写真

事業資金の融資とは

事業ローン

融資で事業資金を確保したいことがあります。
どんなにアイデアややる気があっても、そのアイデアに投資するお金がなければ、新しい会社は起こせません。
資金にするお金にあてがあるという人は、あえて調達をすることはありません。
融資の必要があるケースとは、手持ちの資金がなくて金融会社の融資を希望するという場合です。
銀行をはじめとした金融機関では事業者ローンとして、会社などを運営するための資金を融資してくれます。
近年の事業融資には、各会社が使いやすいような様々な形があります。
事業資金に使えるローンには、ビジネスローンがあります。
個人事業主や、中小企業が必要とする事業資金を融資するもので、担保としての土地も、時には保証人もいらないことがあります。
融資を受けるには、審査を受けなければなりません。
審査の結果によっては、あてにしていた融資を断られてしまうことがあります。
申込み手続きや、審査にどのくらいお金がかかるかは、金融会社によって違います。
申込みから数時間後に、指定口座にお金が振りこまれる人もいます。
金融機関によっては即日に事業資金のためのお金を借りることができる場合もありますが、そういった事業資金の融資は、金利が高いといった傾向も少なくないようです。
事業継続のためにどうしてもお金が必要という人は、事業資金の融資をしてくれる金融会社の存在は貴重ですが、金利や貸付限度額に影響が出ることもありますので、確認をしましょう。

事業資金融資の種類について

事業ローン

金融会社には銀行系と、銀行以外のノンバンク系がありますが、事業資金の融資を受ける際には両者の特性を知っておくといいでしょう。
土地などを担保に入れる場合と、担保を使わずに事業資金の融資を受ける時とは条件が違います。
担保があるかないかで、貸付条件の内容がかなり違うものです。
銀行系の金融会社は、事業資金の融資を受ける時に優先して検討したいところであるといえます。
特に担保を用意することができる場合には、まとまった金額を融資してもらうことも可能です。
低金利の事業資金融資が得られることも、銀行系の強みです。
月々の返済負担を軽減するために、返済にかかる期間を長くすることも可能です。
今すぐ事業資金を必要としている人には、銀行の融資はおすすめできません。
銀行の審査は時間がかかりがちなためです。
銀行の事業資金は融資が決定するまで時間がかかるので、本当に必要なタイミングに間に合わないこともあります。
銀行に申し込む時は、時間の余裕をとりましょう。
一方ノンバンク系の金融機関から事業資金を融資してもらう場合は、銀行からの融資に比べてとにかくお金が借りやすいというメリットがあります。
審査に時間がかからず、申込みにも手間取らないノンバンク系の融資は、事業資金を今すぐ必要としているという時に効果的です。

事業資金融資の注意点

できるだけ好条件で事業資金の融資を受けたいという時は、公的融資に条件に該当する融資はないかを確認しましょう。
日本国内では、公的機関が事業資金の融資に力を入れているため、条件が合えば使うようにしたいものです。
事業資金を公的融資で借り入れたいという人は、審査や申込み手続きには一定期間がかかることを知っておきましょう。
また、公的融資の目的は、新規店舗の開店を支援するためのものが多いようです。
事業がある程度進んでいる時に、追加資金としては使いにくいようです。
すでに開業している会社が事業資金を融資してもらいたい場合は、直近の決算書を提出しなくてはなりません。
公的融資の審査では、抱え込む負債の大きい会社や、経営が行き詰まっている会社は、融資が難しいこともあります。
事業資金の借り入れ時には、担保がいることもありす。
また、事業主の債務状況をチェックした上で、問題ない時のみ融資がされることもあるようです。
ノンバンク系の金融会社から借りる事業資金は、申込みから審査終了まで2、3日程度で終わらせることができるとされています。
手続きをすると1時間後には審査が終わり融資が可能になっていたりします。
事業資金の融資を民間に頼んだ場合、銀行や公的融資と比較するとかなり早く結果が出たりします。
ノンバンク系は金利が高く、借りられる金額も少ないのでまとまった金額を借りたい場合には不向きです。
金利や、各種の貸付条件をチェックした上で、事業資金の融資元になる金融機関を見つけましょう。

ビジネスローンの特徴を知って賢く利用する方法

会社の資金が必要な時に、ビジネスローンを使う以外に、キャッシングローンを使う人もいます。
キャッシンクは、日々の出費に使うことが基本です。
投機性資金、事業資金、他社借り換えを目的として、キャッシングを利用してはならないというものが大半です。
いくらキャッシングで融資を受けたとしても、ビジネス目的でそのお金を使うことは認められていません。
ビジネス目的として借入したいのであれば、専用のビジネスローンを利用するのが得策でしょう。
私用として使うと契約に抵触しますが、ビジネスローンで借りたお金はビジネスのためにならば使うことができます。
消費者金融会社が取り扱っているビジネスローンなら、事業資金でも、日々の生活にあてる経費でも、特に構いません。
この場合の金利は、キャッシングのローンと同じぐらいの金利ですが、教育ローンや、マイカーローンといったローンよりは金利が高めです。
ビジネスローンの場合、不動産や自動車のように担保がありませんので、その分が金利に上乗せされているようです。
どのように返済するかを明確にした上で、ビジネスローンを借りるというスタイルを貫くようにしましょう。
早期に完済した方が、その分だけ利息を低く抑えることができるので、毎月の返済に加えて、余裕が有るときには追加返済をするようにしましょう。
できるだけ利息を支払わずにビジネスローンを利用したいなら、借りるタイミングは小分けにしてでも後に延ばすということです。
どの金融機関を利用してビジネスローンを借りればいいのかは、各社の貸し付け条件などを参考に、十分に考える必要があります。

不動産投資とローン返済

不動産に投資をする場合、資金を調達するためにローンを借りるのが普通です。
もし思い切って、アパートやマンションごと投資するのであれば、かなり高額な融資となります。
金融機関からはそれなりの条件が出てきます。
信用力が高い個人、すなわち、上場企業の職員や公務員などであれば、ローンを組む際のハードルも低くなります。
逆に、独身であったり勤続年数が短い人などは問題です。
特に独身の人は親などをローンの連帯保証人として入れたいところですが、高齢の場合は金融機関から拒否されることもあります。
不動産投資に対するローンの場合、金融機関は回収不能となるような場合に備えなければなりませんので、殆どの場合その物件に抵当を設定します。
資産価値の低い不動産物件の場合、ローンで得られる融資額が少なくなってしまう場合もあります。
不動産投資の場合、投資している人はいわゆる大家さんに当たるので、物件のローン返済だけではありません。
大家としての責務、すなわち修繕費や維持費などにあてるため、それなりの自己資金も必要になってきます。
通常、不動産への投資に際しては、ローンを可能な限り早く完済することが推奨されます。
ローン返済に追われて全く貯金が無いというのでは、いざという時にあわててしまう事になるので注意しましょう。
ローンから資金を得て不動産に投資する場合、無理のない範囲でローン返済を行なっていく方が無難です。

有担保の事業ローンについて

有担保の事業ローンでは不動産を担保にします。
この際、その不動産はローンによる貸出額に見合った価値のあるものとするのが普通です。
万が一、借入金が返せないという状況になった時に担保を使ってその借入金を弁済するというものです。
有担保事業ローンは、借り入れ金利が低く設定されており、また借り入れることのできる額の上限も高いという点が有利です。
金利は、大きな金額の融資を受ける場合にはたいへん重要になってきます。
事業ローンの金利が年5%と年8%の2つのローンがあるとしましょう。
金利の差は3%と少しで、あまり大差無いように感じるかもしれません。
しかし、借入額5千万円、借入期間10年のローンの場合、月々の返済額は5%で53万5千円、8%で61万円となり、7万5千円の差が出ますので、1年間では90万円の開きが出ます。
金利をできるかぎり安くすることができるかどうかが、事業ローンを借りる際の眼目となります。
事業ローンを申し込む場合には、借りることが出来るかどうかの審査があります。
開業後に事業ローンを借り入れようとしている場合、直近の決算書を出す必要がなります。
事業の開業資金としてローンを組もうとするならば、金融機関に事業計画書を提出することになります。
同じ事業ローンでも、申込みをする金融機関によって、ローンの金利や審査内容も異なる為、それぞれメリットもデメリットがあります。
事業ローンを利用する場合には、まずはじめに情報をきっちりと集め、商品を比較検討する事をすすめます。

サイトメニュー

Copyright (c) 2018 融資を受けるときは返済シミュレーションもしておこう All rights reserved.
▲ページの先頭へ