融資を受けるときは返済シミュレーションもしておこう

おまとめローン

おまとめローンに興味があり、おまとめローンをさらに知りたいと考えている人や、何からすれば良いのか悩んでいる方にピッタリの情報を説明します。
写真

ローンの一本化とは

おまとめローン

ローンなどの借り入れを整理する方法のひとつに、借入先を1つに一本化する方法があります。
一本化することで、月々の返済日や返済金額の管理がしやすくなりますし、手数料がローンごとに重複することもなくなります。
返済状況が明確になると、精神的な重圧も軽減されて、気持ちが楽になります。
条件によっては、高金利ローンや、複数の小口ローンを一本化することで、全額返済に必要な金額を少なくすることができます。
借入件数自体は多くないものの、借りられる金額までのぎりぎりを借りているために、月々の返済がきついという人もいるのではないでしょうかローン返済のために他のキャッシング会社から融資を受けるというのはどんどん悪循環に陥るのでおすすめできません。
今はさまざまな金融会社でおまとめローンなどの名称でローンの一本化を行っています。
ローンの借りすぎで返済が行き詰まっているという人は、一本化について検討してみるといいでしょう。
ローンの一本化は、今借りている金融会社でできることもあるようです。
融資ができるかどうかを、ローンの一本化をしたい旨と共に話してみます。
借入上限を増やしてくれる金融会社であれば、一本化が可能ことが十分にあります。
完済までにどのようにローンの一本化をして返済していけばよいか明確にしてから相談するのがおすすめです。

ローン一本化に向かない人

おまとめローン

ローンの一本化は多重債務をしている人にとってさまざまなメリットがあるものですが、ローンの一本化が向かない人もいます。
もしもいくつかのローンを利用しているなら、全て貸付条件をチェックしましょう。
金利条件のいいローンを利用している人は、そのローンを中心に一本化をすることで、返済をよりしやすくすることができることがあります。
現在、融資を受けている金融会社に事情を話し、現状の金利のままで、貸付上限額を高くして一本化ができるようにします。
ローン全額を一本化するにはいくらが必要かを、隠さずに話す必要があります。
融資枠の増額希望の審査が通れば、一本化した場合と比べて利息や支払総額、支払期間で有利になることがあります。
ローンの一本化を他の金融機関でするのとどちらがお得になるのかよく検討することが重要です。
ローンの一本化を、本人の性格的な理由から勧められないという人もいます。
返済途中に、新しくローンを借りてしまうような人です。
これまで月々煩雑だった返済が一気に楽になることで、返済額がとても少なくなったように思う人もいます。
一本化したからといって借入金額が少なくなったわけではなく、完済なければならないことは変わりません。
一度ローンを一本化したからには、その金額を全額返し終わるまでは、何があっても次の借金はしないくらいの心構えが必要です。
ローンの一本化は借金返済のために役立つものですが、ひとつ間違えば再び借金地獄に陥ることがありますので注意しましょう。

ローン一本化の手順

ローンの一本化をして借金の返済をするという方法が、複数の借金を抱えて返済に困っている場合にはあります。
ローンの一本化をしたい時は、どういった方法が用いられるものなのでしょうか。
まず、ローン会社のホームページから、金融商品を確認します。
金利や貸付限度額を確認して、一本化するにはいくらのローンを受ける必要があるのか、全額返済するにはいくらかかるかを調べます。
念のため、利用規約も読んでおくといいでしょう。
どの金融会社から一本化のためのお金を借りたいかを決めて、申込みをしていきます。
ホームページからの申込みでは、送信フォームからの情報入力が主です。
ホームページからローン一本化の申し込みをすると審査が行われます。
審査が通ると連絡があるので気長に待ちましょう。
審査に通過した場合には銀行口座にお金が振り込まれま、振り込まれたお金を使って借り入れしている金融機関へローンの返済をします。
手元に残るのは一本化したローンだけですので、これをきちんと返していきましょう。
書類を整える必要がある場合は、その後に送られてくることがありますので、必要事項を書いて書類を完成させます。
基本的なローンと、一本化ローンとの間に、手続き時にさほどの差はありませんが、審査で断られる可能性は上がります。
審査で断られた後のことも、想定しておくといいかもしれません。
審査にもしも落ちてしまって他の金融機関にローン一本化を申し込む場合には1か月以上は間をあけるようにしましょう。

ローンの一本化の注意点

ローンの一本化をする前にまず注意したいのが、今残っている借り入れ金額です。
ローンの一本化と言うと、手続きなどは金融機関にすべてお任せで簡単に終わるような印象をお持ちかもしれませんが、そんなことはありません。
最初に、現在借り入れを行なっているローン会社の中から、まだ借り入れができる会社を探します。
そしてその借入枠を利用して、ローン会社の数を減らしましょう。
いきなり一本化するのは無理ですので、まずはある程度にローンの数を減らして、それからローンの一本化に進むわけです。
最終的に目指したいのは、月々のローン返済総額を無理のない額に収めることです。
だいたい、月給の20%以内に収まるように考えましょう。
ローンを一本化するのは、月々の返済を楽にし、確実に返済が進むようにするためですので、一本化して返済ができなくなっては意味がありません。
ローンの一本化をした場合には、融資をしてくれた金融機関から新しい融資の広告や案内を受けることも少なくありません。
一本化したことによって毎月のローン返済額に余裕ができたからと言って、そこでさらにローンを組んだりしてはいけません。
再び返済に東奔西走する生活を送るのが嫌なら、新しくローンを組むようなことはしないように注意して下さい。
ローンの一本化は、どこの金融機関でも取り扱っているというわけではないことにも注意して下さい。
一本化をしてくれる金融機関がみつかったとしても、信用調査や貸し出し審査にパスする必要があります。
結果によってはローンを一本化できないかもしれません。
ローンを一本化することができなかったとしても、その過程で返済を楽にできる可能性もありますので、現在返済に困っている場合は一度検討してみましょう。

サイトメニュー

Copyright (c) 2018 融資を受けるときは返済シミュレーションもしておこう All rights reserved.
▲ページの先頭へ